注目を集めている

LED蛍光灯にはメリットがいっぱい

明るさと省電力性能、そして長寿命であることから、近年注目の集まるLED蛍光灯。すでにお使いの方も多いのではないでしょうか。LED蛍光灯は、従来のものと比較すると、おおよそ50〜80%もの電力の削減効果があり、大幅な電気代の軽減が可能になります。寿命も4〜5万時間を誇り、数年間取り換える必要がありません。それ以外にも、意外なところでメリットがあります。光源から熱が出ないため、熱がこもりがちな夏場に熱くなりにくいということ、そして紫外線がほとんど出ませんので、虫が寄り付きにくく、紫外線による変色も防止できるということです。 いいことづくめのLED蛍光灯ですが、従来のものに比べて値段が高いという欠点もあります。ただ、これは今後LEDが今より一般的になり、もっと普及すれば安くなっていく見込みです。

ダミーを入れて、明るさ調整とさらなる省エネを

LED蛍光灯は、一灯でも十分な明るさを持っています。しかし、その明るさゆえに、二灯式の蛍光灯では明るすぎると感じることもあると思います。一灯ずつ消せるタイプなら調整ができていいのですが、ものによっては一灯抜くと、もう一灯まで消えてしまうタイプの蛍光灯があります。そんなときに役に立つのがダミーの蛍光管です。ダミーの蛍光管を入れることで、もう一灯まで消えてしまうことはなくなり、明るさの調整や節電が可能になります。ダミーの蛍光管もそれなりの金額はしますが、LED蛍光灯と一緒で長期的な目で見ると安く済むことになります。LED蛍光灯を導入する際に、あわせてダミーの蛍光管の導入も検討してみてはいかがでしょうか。